女の子を生みたい人へ贈る産み分け方法について

出産するけど女の子が生みたいと言う夫婦は多いです。

そういう時は生み分けって出来ないのかな、と思いますが、産み分けを検討している場合は子供が出来てからではなく出来る前から産み分け対策をしなければいけないので排卵日などもきちんと把握した上で行って下さい。

 

精子には二つの染色体があり、男のであればY精子なのですが、女の子を願うのであればX精子が重要になってきます。

 

排卵日の2、3日前に性行為を行うと寿命が長いX精子の受精が高まり、女の子が出来る確立が高くなりますので排卵日を把握し、あまり女性側にオーガニズムを感じさせないように注意しながら産み分けにチャレンジしてみましょう。

 

X精子はアルカリ性が苦手であり、オーガニズムを感じると卵管がアルカリ性になってしまうので、性行為はあっさりとしたものにしたほうが良いです。

 

普段の食事でもベーコン、ハム、バナナといったアルカリ性食品の摂取を控え、野菜中心に摂取していけば女の子が生まれやすい環境になるとも言われています。

 

これを試せば絶対に女の子になる、産み分け出来るという方法はありませんが、女の子の産み分けにはX精子が重要になってきてアルカリ性にしないということが大切である、と言うのはきちんと証明されていることなので、試してみてください。

 

排卵日はすぐに分かると言うものではなく、毎日基礎体温をはかって自分の生理の様子を知ることを数ヶ月続けて分かるものです。

産み分けを検討している人で基礎体温を測っていない人は今から計ってみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ