意識で行う男の子の産み分け方について

子供の産み分けについては様々な情報がありますが基本的に産み分けは出来ないという事をまずはしっかりと把握しておく事が大切です。

その上で私が行った産み分け方法を伝授したいと思います。

 

私達夫婦は結婚してから中々子供を授かる事が出来ず3年もの間不妊治療を行なっていました。

その間にとある友人が二人の子供を設けましたがどちらも女の子。

 

話をよく聞くと奥さんの方はどちらでも健康であれば良いと考えていたのに対し、旦那さんは男の子を強く希望していたようで、残念ながら旦那さんの意向とは違ってしまいましたが今も二人共元気に育っています。

そこから得たのは夫婦間の希望性別に影響があるのではないかという事でした。

 

不妊治療中という事もあって私達夫婦は子供が出来ればそれで良いという強い思いを持っていましたが、考えを改め私の主人に希望の性別を決めてもらいその逆を常に意識して欲しいとお願いをしました(主人は男の子が欲しかったので女の子を意識してもらいました)。

 

私の方は今まで通り平常心で不妊治療に励む事にしましたが、それからわずか四ヶ月後に妊娠が判明、見事に男の子を授かる事が出来たのです。

 

出産後二年ほどしてもう一人男の子が欲しいと考え同じ作戦を立てて妊活に励みましたが、不妊治療をしていたのが嘘のようにすぐにまた子供を身ごもる事が出来、性別を確認した所今度も男の子のようで主人は大変喜んでいます。

 

臨月まであと少しとなりましたが頑張って次男を産みたいと思います。

産み分けを狙っている方の参考になれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ