男女の産み分けは本当に出来るのか?

自分の子は、男の子でも女の子でも大切な存在には違いありません。

それでも、跡継ぎの問題などで男の子が欲しいという事情は少なからずあると思います。

 

また、上の子が全員女の子なので次は男の子が欲しいと思う人もいるでしょう。

医学が発達した現代で、男女の産み分けをすることは出来るのでしょうか。

 

結論から言うと、男女の産み分けは100パーセントではありませんが、ある程度の確率で出来るようです。

 

子供の性別は父親の精子によって決まると言われています。

具体的にはX染色体を持つ精子が卵子と結合すると、女の子になり、Y染色体を持つ精子と卵子が結合すると、男の子になります。

 

なので、男の子を希望する場合には、Y染色体を持った精子が卵子と結合しやすくなるようにすれば良いということになります。

しかし、意図的に精子を選別したりコントロールをするのは実質不可能です。

 

そこで、精子と女性の体の性質について考える必要があります。

Y染色体を持つ精子は、X染色体を持つ精子の2倍の数存在すると言われています。

 

これは、女性の体内に精子が入ったとき、Y染色体を持つ精子のほうが死ぬ確率が高いからです。

なぜY染色体を持つ精子が死にやすいのかというと、Y染色体の精子は酸性に弱いからです。

 

そして、女性の膣内は酸性になっているのです。そのため、精子が膣内に入った時点では、Y染色体の精子にとって過酷な環境となっているので、酸性に強いX染色体の精子のほうが生き残る確率が高くなります。

逆に、その奥の子宮の方に進むとアルカリ性になっているため、Y染色体の精子に適した環境になっています。

 

男女の産み分けをするためには、膣内をアルカリ性に傾けるようなゼリーを使う方法があります。

 

参考: 女の子が欲しい方へ 男女産み分けゼリーの紹介

 

また、性行為をするときに女性が快感を感じていると膣内にアルカリ性の分泌物が分泌されるので、快感を感じる性交をすると、男の子が産まれやすくなるという説もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ