女の子が欲しい貴方、パートナーとの話し合いが必要です

子供を授かりたいと考えている夫婦は多いですよね。
そして、最近では『男の子が欲しい』『女の子が欲しい』と、産み分けを望む夫婦も多いようです。

 

私ももう一人、女の子が欲しいと思っています。
二人目、三人目となると、どっちの性別がほしいと考える夫婦の割合が高くなるようです。

 

女の子を望んでいる女性は、まず夫としっかり話しあうことが必要だと思います。
それは、どうしてかというと、女の子を授かるには『女性が感じないセックス』が前提となるからです。

 

女の子を授かるには、膣内を酸性に保つ必要があります。女性が感じてしまうと、膣内は中性になるそうです。ですから、女性が感じないセックスが必要になります。

 

ですが、それは、男性にとっては例え女の子が欲しいと思っても、すぐに受け入れられるものではないと思います。

ムードのないセックスはしたくない、楽しくないセックスはしたくないと考えている男性は多いからです。

女の子が欲しいと思ったら、しっかりと夫婦で話し合って男性の協力を得る必要が先決だと思います。

 

そして、女の子を授かるには、寿命の長い女の子の染色体であるX精子の特徴を活かした排卵日の2日前にセックスをするといいです。

 

また、その際の射精は膣内の浅いところで行うと、酸性に弱い男の子の染色体Y精子は生き残ることが出来にくくなるようです。

女の子を授かるには、排卵日の2日前に女性が感じず、膣の浅いところで射精するセックスが向いています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ